ギャラさえもらえば?!

きれいな奥様に、声がいいねと言われました。
声楽家並みと言われましたが、ない、ない。

絵は三十年やってますが、声のトレーニングはしたことありません。
絵を描くための筋トレはやってて、腹筋割れてます。
くらいのことは、話しました。

腹筋は、多少、声と関係あるかもねー。

その声で何もしないのはもったいない、
なんかやれと言われました。

なにかもっと丁重な言い回しだと思ったのですが、
声楽家の単語に動揺してしまって、よく憶えてません。

それよか、ここで「なんかやれ」に反応してしまうのが、
イラストレーターの悲しいところです。

年がら年中、あれ描け、これ描け、
なんかやれと言われる生活ですから…。

判りました、お客さん。
なんかやれと言うなら、歌でもなんでもやりましょう!
ギャラさえもらえるならば!

そのかわり、お客さん。
イラストレーターに歌を歌えという無茶を注文したのは、
お客さんですからね。

私は歌えといわれれば歌いますが、
その後どうなっても責任は取りませんよ!

…とは、思っても、言いませんでしたが。
(そんなケンカごしの営業でどうする…)